差込ストラップ長財布 泥染−1
59b8d75ced05e64cbe00055a 59b8d75ced05e64cbe00055a 59b8d75ced05e64cbe00055a 59b8d75ced05e64cbe00055a

差込ストラップ長財布 泥染−1

¥50,760 税込

送料無料でお届けします

その他送料についてはこちら

SOLD OUT

奄美大島の伝統産業である大島紬の染色技法を用いた革を使用した長財布。 この商品の詳細につきましてはイタリアンレザーを使用した定番商品の説明をご覧ください。 http://mripple.net/items/5837ac39a458c07f68005604 奄美の泥に含まれる鉄分と、革をなめす時のタンニンや染料に含まれるタンニンとが化学反応して独特の柄が出ます。 泥染とは、 奄美の伝統産業である「大島紬」の染色技法で1300年ほどの歴史があります。 島に自生するテーチ木を600kgほどチップ状に砕き、大きな釜で2日煮込んだ後4〜5日寝かせて自然発酵させます。 その煮汁を染料として空気に触れさせるように挟み込んでは絞り、染料と入れ替えて揉み込み、何度もこの作業を繰り返し、染料に含まれるタンニンと泥の鉄分が化学反応して黒褐色に染まります。 気候などの環境や染色技法の特徴から、同じ柄が出ないためそれぞれ一点モノとしての製作になります。 お気に入りの柄を探してみてください。 色止めは十分に施してあるものの、革本来の風合いを活かすために素上げに近いマットな仕上げにしておりますので、これからの経年変化が大変楽しみな素材です。 革の風合いを楽しめるように仕上げてありますので、生きていた時の傷などもそのまま活かした素材となっておりますので、ワイルド感のある素材とも言えます。 ご理解、ご了承ください。